オンラインヨガ基礎知識

ジムに行くのがめんどくさい!その原因と対処方法について考えました

運動をして健康的な体を作りたい!とジムに入会しても、だんだん行くのがめんどくさいと感じたことはありませんか?

私も色々なジムに入会していましたが、なんだかんだと行かない理由を付けて、ほとんど行かなくなった経験があります。

気付けば月に1回のために7000円も払っているなんてこともあり、どうせお金を払うなら継続したいところですよね。

そんな方のため、ジムに行くのがめんどくさいと感じる理由と対処方法を紹介します。

ジムに行くのがめんどくさい理由

ジムに行くのがめんどくさい!と感じる理由を私なりに考えてみました。

その結果、大きく分けて次の5つがあることに気づいたんですよね。

ジムに行くのがめんどくさい理由!
  • 移動
  • 着替え
  • 疲れる
  • 汗をかいた服の処理
  • 人間関係

理由①移動がめんどくさい

第一に思いついたのが、ジムに行くまでの移動がめんどくさいことです。

いくらジムが家から近くても、外に出る準備をしなきゃならず、行かない理由ばかりを考えていました。

特に天気が悪い、寒い冬・暑い夏は行くのだけで疲れるから、さらに疲れる運動なんて考えられなかったです。

ちなみに私は家から50mくらいの近さのジムですら、数カ月で行かなくなった経験があります・・・。

理由②着替えるのがめんどくさい

ジムに行くにはスポーツウェアや動きやすい服装に着替える必要があるのがめんどくさいです。

ジムに仕事帰りに寄る場合でも、着替えや靴はかさばるので持って行くのが大変でした。

着替えて、帰る時は元の服を着て、また次の服を持ってくるのがめんどくさくなってしまいました。

理由③疲れる

ジムで運動すると、当たり前ですが疲れます

仕事終わりだとすでにへとへとなのに、さらに運動する気力が湧かず、かといってせっかくの休日にジムに行くのもめんどくさいです。

疲れた状態で家まで帰ることを思うと、行く気力を失ってしまいました。

理由④汗をかいた後の処理がめんどくさい

汗をかいた場合、ジムにあるシャワーを使うこともできますが、その分タオルなどの持ち物がさらに増えます。

貸し出しや契約ロッカーを使うとさらにお金がかかるので躊躇してしまっていました。

せっかくシャワーを浴びたのに、またスーツなどを着て家まで帰らないといけないのがめんどくさいと感じました。

理由⑤人間関係がめんどくさい

ジムは色々な人と共用で使う施設のため、周りの人の目を気にしなければいけないのがめんどくさいです。

もちろん、自分が気にしすぎなのは分かっているのですが、気になるものは気になるのです。

トレーニング中に「あ”~」とか「う~」とか言ってしまうと、他の人に聞かれると恥ずかしいなと思うと、行くのをためらってしまいます。

ジムに行くのがめんどくさい場合の対処方法

ジムに行くのがめんどくさいと感じたとき、私がやっていた対処方法を紹介します。

ただ、結論から言うと私はジム通いが続けられなかったため、考え方の1つとして参考にしていただければと思います。

対処法①ジム通いを習慣化する

「毎週火・木曜日はジムに通う」「毎日お風呂をジムで入る」など習慣化してしまうのはどうでしょうか。

「今日ジムに行くかどうか迷う」と思ってしまった段階で、ほぼ行きません

この場合、24時間営業のジムを選ぶと「もう閉まってしまうから」という口実がなくなるのでおすすめです。

対処法②動画を見ながら有酸素運動をする

ジムに行く楽しみを作ると、めんどくさい気持ちをジムに行く気持ちが上回ります

有酸素運動としてランニングマシンやバイクで走る時に、好きなアニメやドラマを1本見るようにするとモチベーションが上がりました。

ジムでしか続きが見られないという制約を付ければ、続きが気になってジム通いが続くかもしれません。

対処法③パーソナルトレーニングなど予約をして行く

「いつでも行ける」と思うと、行かなくてもいいとなりがちです

パーソナルトレーニングなど予約が必要なレッスンを受けるだ、行かなくてはいけない気持ちになりやすいですよ。

自分を制御する気持ちを込めて、スケジュールを組んでしまうのはおすすめです。

私はジム通いが続きませんでした

ここまで書いた通り色々とやってきたのですが、残念ながら私はジム通いが続きませんでした

性格がめんどくさがりなのと、意思が弱いんです・・・。

次の2つのジムに通いましたが、3か月目にはほとんど行かなくなってしまったという経験があります。

スタジオレッスンもあるティップネス

職場と自宅の間にあるので、通いやすいと思って入会。

ランニングマシンとウエイトトレーニング中心に利用をしていました。

めんどくさくなってしまったポイント

  • 仕事帰りの平日の夜は混んでいて、マシン待ちの時間がかかった
  • 仕事が休みの日にわざわざ行かなかった
  • 仕事が遅くなってしまうと、閉店時間に間に合わなかった

24時間通えるエニタイムフィットネス

自宅から徒歩3分の近さにできたので入会。

いつでも通える、トレーニングウエアを自宅から着てそのまま帰ってこられると考えました。

めんどくさくなってしまったポイント

  • いつでも通えると思って先延ばししてしまった
  • 自宅ですら着替えるのがめんどくさく感じた

徒歩3分で24時間通えるジムですら3か月目には月に1回しか行かなくなってしまったため、私にジム通いは無理と判断しました。

ジムがめんどくさい私でも続けられオンラインフィットネス

こんな意思の弱い私でも続けられているのがオンラインフィットネスです。

その理由として、全て自宅でできるからめんどくさいと思う点が全てクリアできているんですよね。

オンラインフィットネスのメリット

  • 自宅で受けられるので移動のめんどくささがない
  • 部屋着のままでも受けられる
  • 汗をかいたらそのままお風呂場へ行ける
  • 待ち時間や移動など時間のロスがなく、隙間時間でもできる

オンラインフィットネスのデメリット

  • ランニングマシンやウエイトトレーニングのマシンはない
  • 自宅で運動するので限られたスペースしかない
  • 直接インストラクターから指導を受けることはできない

運動習慣を身に付けるために最適な方法を

私と同じように外のジムに行くのがめんどくさいと感じる方は、是非オンラインフィットネスを試してみてはいかがでしょうか。

特に私のお気に入りのSOELUでは、インストラクターの予約を入れるシステムでサボりづらいメリットがありますよ!

1か月100円でお試しすることができるため、私と一緒にSOELUで運動を継続してみませんか?

【オンラインヨガ】アラサー男性がSOELU(ソエル)を体験した感想!在宅で仕事をする機会が多くなり、少しでも体を動かそうと思ってオンラインヨガを色々と調べていました。 男性OKなオンラインヨガを探し...